過払い金と過払い請求

過払い金とは

過払い金という言葉を聞いたことがあっても、実際何なのか説明できる人は少ないかもしれません。
この過払い金は貸金業界では時々耳にする言葉です。
中でもトラブルが起きたときによく耳にするようです。
過払い金は借金した人が借り手にお金を返す際、払いすぎてしまったお金のことをいいます。
お金を借りると当然利息が発生します。
この利息の利率は利息制限法で定められているのですが、これが守られていないのが実情です。
ですから本来は支払わなくてもいいお金を支払っているということになるのです。
この支払わなくてもいいお金を過払い金と言います。
そして払いすぎていた利息は元金に当てられますから、引きなおして計算すれば返済が終わっているということもアルのです。
この過払い金は利息制限法さえ守っていれば発生しません。
過払い金は支払年月が長いほど、そして利息が高いほど出てくるものなのです。
中には別のところから借りて返す、という方法を取っている方もいます。
この場合も過払い金になる可能性があります。
利率が高いときも注意しましょう。
利息制限法が施行される前にはさらに高い利率が設けられていた可能性があります。
このときに過払い金が発生している可能性もあるのです。

まずは借金解決のために、過払い金のことを知っておきましょう。

過払い金が発生する仕組み

借金のトラブルに過払い金があります。
ですが過払い金は多く発覚し、実際に裁判も行われています。
では過払い金はどのようにして起こるのでしょうか。
まず利率が関係してきます。
消費者金融は利率を出資法を基に決めています。
上限率は29.2%で、これに近い利率が採用されているのです。
場合によっては条件次第で10%台のところもありますが、消費者金融は消費者の希望にあわせ、銀行とは違い、審査の基準を甘くし、審査機関を短くしています。
そして貸し倒れを防ぐために利率を高くしているのです。
その結果、利率を高くしているところは多く、ヤミ金といわれるとk路尾はそれ以上となっています。
利息制限法では利息の上限は20%ほどなのですが、罰則がないためどこも守らないのです。
過払い金はこのために起こるのです。
業者は処罰されなければ出資法を優先します。
ですから自分で過払い金がないかチェックし、返済を計画的にしていくようにしたいものです。

過払い金が出たモデルケース

実際に過払い金が生じたケースがあります。
Oさんは消費者金融計3社から借入をし、10年ほど支払いを続けています。
残債金はそれぞれ50万円ずつ、合計150万円の返済があったのです。
ある皮下払い金のことを知ったOさんは、弁護士に相談し、調査をしました。
すると過払い金が200万円以上あることが判明したのです。
その200万円で完済し、そのうえ手元にも50万円が戻ってきたのです。
一方Kさんはやっと借金を返済し終えたところでした。
しかし過払い金のことを知り調査をすると、300万円あることが判明したのです。
すぐに手続を行い、返還してもらったのです。
過払い金はKさんのように完済していても取り戻せるケースがあります。
自分はどちらのタイプなのかを照合し、手続をするといいでしょう。
ただし過払い金に関しては人によって違いがありますので、借りている期間が長い、借入金額が大きいからといって過払い金が発生するわけではありません。
業者の中には取引履歴を開示せず、手続きが思うように進まないこともあるのです。
過払い金を疑ったら、まずは弁護士や行政書士に相談し、手続を行いましょう。

更新履歴